週刊誌などの低利率のキャッシング広告について

ホーム個人ローン全般>週刊誌などの低利率のキャッシング広告について

◆質問

週刊誌などに金利1%台などの低利の広告が時々掲載されています。
これは本当なのでしょうか?
銀行のカードローンよりもはるかに低い利率です。
本当であれば、こちらの方が得だと思いますが大丈夫なのでしょうか?

◆回答



注意が必要だと思います。
利息以外に「手数料」とか「保証料」などの名目で多額の費用を請求、あるいは融資額からマイナスされる例があります。
これら利息以外の費用を含めて実質的な利率を考える必要があると思います。

銀行に勤務している管理者が申し上げるのもおかしい話ですが、およそカードローンやキャッシングの商品の中で、もっとも利率が低いのは銀行カードローンです。
銀行カードローンよりも低い利率のキャッシングなどの商品は注意をする必要があると思います。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。