東日本大地震 災害関連保証は別枠です


ホーム東日本大地震関連>東日本大地震 災害関連保証は別枠です

災害関連保証とは激甚災害法に基づく激甚災害として指定され、被災中小企業者対策として、中小企業者を支援するための制度です。
そして一般保証枠(無担保8,000万円、有担保2億円、計2億8,000万円)や緊急保証制度(無担保8,000万円、有担保2億円、計2億8,000万円)とは別枠で、さらに無担保8,000万円、有担保2億円、計2億8,000万円の利用が可能な制度です。

したがって既に無担保の一般保証や緊急保証制度を利用していても、災害関連保証制度の利用が可能となっています。
災害関連保証制度を利用するには、市区町村で罹災証明を取得する必要があります。
罹災証明とは市町村が事業所等における被災状況の現地調査などを行い発行する証明書です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト