東日本大地震 「花屋を経営していますが地震後、売上が急激に落ちています」

ホーム東日本大地震関連>東日本大地震 「花屋を経営していますが地震後、売上が急激に落ちています」

取引先で花屋を経営しているところがありますが、社長より「地震後、そもそも花を贈るとか飾ったりするような空気がなくなっている。またいろいろな式典などが中止になっている。このような影響で売上が話にならないほど落ちている」とのお話を伺いました。

東日本大地震(2011.3.11)後、いろいろな業種で売上が急速に低下していることを耳にします。
とくに花屋のほか、日銭商売を行っている小売業においては売上の低下は、即資金繰りの悪化につながりますので大変だと思います。

正直なところ、銀行としては売上低下に起因する融資は積極的には行わないのが基本です。
その理由は返済能力が売上の不振で低下することが考えられるからです。
ただし資金繰りが行き詰れば、事業の継続は困難となります。



このような資金繰り難に対応するために、セーフティネット保証(5号)の要件に震災による売上低下が新たに設けられました。
具体的な要件は、
「東北地方太平洋沖地震の発生後、原則として最近1ヶ月間の売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、且つ、その後2ヶ月間を含む3ヶ月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少見込みであること」
です。

該当する場合には取引銀行に相談してみてください。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。