東日本大地震 公共事業に対する受注機会の増大

ホーム東日本大地震関連>東日本大地震 公共事業に対する受注機会の増大

東日本大地震の影響を受けた中小企業者に対して、公共事業の受注機会が拡大するように配慮を促す要請がなされています。

以下、中小企業庁のホームページの内容を掲載します。

「中小企業庁は、東北地方太平洋沖地震の影響を受けた中小企業者に関して、官公需における一層の受注機会の増大等を図るため、以下にある措置を講じるよう、各府省等、各都道府県知事、人口10万人以上の市の長及び特別区の長に対し、本日付で要請いたしました。

1.中小企業庁は、各府省、衆議院、参議院及び会計検査院に対して、以下のとおり中小企業者に対する配慮を要請いたしました。

官公需相談窓口の充実等により、今回の災害の影響を受けた中小企業者の官公需に関する相談にきめ細やかに対応するとともに、被災地域の中小企業者向けの発注情報を積極的に提供すること。





今回の災害の影響により、平成22年度内の履行が困難となった中小企業者との契約については、繰越等の措置を必要に応じて講じること。

2.また、各都道府県知事、人口10万人以上の市及び特別区の長に対して、以下のとおり中小企業者に対する配慮を要請いたしました。

契約担当窓口の充実等により、中小企業者の官公需に関する相談にきめ細やかに対応するとともに、今回の災害の影響を受けた中小企業者の受注機会の増大を図るよう努めること。

国においては、今回の災害の影響により、平成22年度内の履行が困難となった契約については、繰越事務の簡素化等の弾力的措置を講じているところであるが、地方公共団体においても、中小企業者との同様の契約案件については、国の取扱を参考とすること。」

詳しくはこちら





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%