住宅ローンの審査と通帳の写し

投稿日:

ホーム住宅ローンの審査>住宅ローンの審査と通帳の写し

◆質問

現在、住宅ローンを申し込み中です。
銀行から連絡があり、通帳の写しを提出してくださいと言われました。
通帳の写しを見て銀行は何を審査するのでしょうか?

◆回答

今回、自己資金プラス住宅ローンにて住宅を購入されるのでしょうか?
銀行によって見方が異なるかもしれませんが、おおむね自己資金(頭金)の確実性(本当に自己資金があるのかどうか)を確認するためだと思います。

自己資金が多ければ多いほど、住宅ローンの借入額が少なくすむのは当然のこととして、銀行的には返済能力が高いものと推測します。
ただ自己資金があるといっても、本当は親からの援助だったりすることもあります。
真の意味の自己資金なのか、あるいはそうでないのかを確認することで返済能力の高低を見極めるわけです。

半年程度の通帳の写しを見れば、自己資金が真の自己資金なのか、あるいはそうでないのかがわかります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンの審査
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.