友人が借金を踏み倒した場合、連帯保証人である私の責任は?

ホーム保証人に関すること>友人が借金を踏み倒した場合、連帯保証人である私の責任は?

◆質問

昔の話ですが、友人が独立する際に受けた事業資金借入の連帯保証人になりました。
事業資金は信用保証協会の保証付にて民間銀行から借入しています。
最近、友人の事業の状況が芳しくなく、返済不能の状態になっています。

友人からは「信用保証協会の保証付だからお前には迷惑をかけない」と言われていますが、本当に私に迷惑が及ぶことはないのでしょうか?
とても責任が持てる金額ではないので心配しています。





◆回答

信用保証協会の保証付融資ということですが、ご質問者は借入している銀行と信用保証協会双方の連帯保証人になっていると思われます。

友人が返済不能となれば、まず銀行からご質問者に返済請求が来ます。
そしてご質問者が返済出来ないのであれば、銀行は信用保証協会に返済請求を行い、銀行は信用保証協会から融資金額の回収を図ることになります。

ただこれで終わりではありません。
信用保証協会が銀行に返済をしたということは、融資の債権が銀行から信用保証協会に移ることになります。
そしてご質問者は信用保証協会に対しても連帯保証の責任を負っていますから、今度は信用保証協会から返済請求を受けることになります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%