東日本大地震 生活福祉資金貸付(緊急小口資金)の特例貸付について

ホーム東日本大地震関連>東日本大地震 生活福祉資金貸付(緊急小口資金)の特例貸付について

各地の社会福祉協議会が行っている緊急小口資金(生活福祉資金貸付の1つ)は、本来は低所得世帯を対象としたものですが、今回の震災被害を受けて被災世帯も貸付対象に含められる特例措置が実施されています。

緊急小口資金の概要は次の通りです。
・貸付対象  被災世帯(低所得世帯に限らない)
・貸付上限  10万円以内(特別な場合※20万円以内)
・措置期間  1年以内は返済なし
・償還期限  措置期間経過後2年以内
・貸付利子  無利子
・連帯保証人 不要

※特別な場合
(1)世帯員の中に死亡者がいるとき。
(2)世帯員に要介護者がいるとき。
(3)世帯員が4人以上いるとき。
(4)重傷者・妊産婦・学齢児童がいる世帯等で特に社会福祉協議会会長が認めるとき。



相談窓口は各地の社会福祉協議会となっています。

詳細はこちら(厚生労働省のホームページ)


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。