共有登記のままで住宅ローンの借り換えは出来ますか?

ホーム住宅ローンの借換え>共有登記のままで住宅ローンの借り換えは出来ますか?

◆質問

住宅ローンの借り換えを考えています。
現在の住宅の名義は私が3分の1、父が残りの3分の2になっていますが、父はすでに亡くなっています。
父が亡くなった後の相続登記の手続きはまだ行っていません。
このような状態で住宅ローンの借り換えは出来ますか?





◆回答

住宅ローンの借り換えにおいては抵当権の抹消と新たな設定登記手続きが必要です。
したがって少なくとも住宅ローンの借り換えと同時に亡くなった父名義の相続登記手続きが出来るのであれば、可能です。

お亡くなりなった父名義のままでは抵当権の設定登記等の手続きが不可能ですので、相続登記の手続きが未済のままでは住宅ローンの借り換えは出来ません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達