共有登記のままで住宅ローンの借り換えは出来ますか?

ホーム住宅ローンの借換え>共有登記のままで住宅ローンの借り換えは出来ますか?

◆質問

住宅ローンの借り換えを考えています。
現在の住宅の名義は私が3分の1、父が残りの3分の2になっていますが、父はすでに亡くなっています。
父が亡くなった後の相続登記の手続きはまだ行っていません。
このような状態で住宅ローンの借り換えは出来ますか?

◆回答

住宅ローンの借り換えにおいては抵当権の抹消と新たな設定登記手続きが必要です。
したがって少なくとも住宅ローンの借り換えと同時に亡くなった父名義の相続登記手続きが出来るのであれば、可能です。

お亡くなりなった父名義のままでは抵当権の設定登記等の手続きが不可能ですので、相続登記の手続きが未済のままでは住宅ローンの借り換えは出来ません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。