共有登記のままで住宅ローンの借り換えは出来ますか?

投稿日:

ホーム住宅ローンの借換え>共有登記のままで住宅ローンの借り換えは出来ますか?

◆質問

住宅ローンの借り換えを考えています。
現在の住宅の名義は私が3分の1、父が残りの3分の2になっていますが、父はすでに亡くなっています。
父が亡くなった後の相続登記の手続きはまだ行っていません。
このような状態で住宅ローンの借り換えは出来ますか?

◆回答

住宅ローンの借り換えにおいては抵当権の抹消と新たな設定登記手続きが必要です。
したがって少なくとも住宅ローンの借り換えと同時に亡くなった父名義の相続登記手続きが出来るのであれば、可能です。

お亡くなりなった父名義のままでは抵当権の設定登記等の手続きが不可能ですので、相続登記の手続きが未済のままでは住宅ローンの借り換えは出来ません。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンの借換え
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.