転職後1年未満での住宅ローン

投稿日:

ホーム住宅ローンと転職>転職後1年未満での住宅ローン

◆質問

戸建住宅の購入を考えています。
もちろん住宅ローンを利用してですが、私は転職してまだ1年が経っていません。
このような私でも住宅ローンを利用することは可能でしょうか?

◆回答

住宅ローンに限らず銀行が融資を行うかどうかの目線は、「この人ならきちんと返せる」と考えることが出来るかどうかです。
担保や連帯保証人は二の次の問題です。

この目線で考えた場合、住宅ローンなどの個人向け融資については安定した収入があるということが「この人ならきちんと返せる」と判断する大きなポイントとなります。
転職して間もない場合にはどうしても収入の安定性に懸念が生じます。
転職後間もないと住宅ローンが難しいとよく言われるのは、この収入の安定性に懸念があるからです。

ただ転職もいろいろなケースがあります。
今までの経歴を生かしてより高い次元への転職もあれば、そうでないケースもあります。
ご質問者が転職をされた経緯は存じませんが、今までの経歴を生かしたより高い次元、わかりやすく言えば、より高い収入、より高い収入の安定性が見込まれるものであれば、転職後の年数に関わりなく、住宅ローンは検討できます。

したがって転職後1年を経過していない状態で住宅ローンを申込まれる場合には、転職の理由と今後の収入の安定性を訴えることが出来るかどうかがポイントとなります。
多くの銀行では勤務年数を住宅ローンの申込み条件とはしていませんので、勤務年数だけで諦める必要はありません。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンと転職
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.