カードローンのつきあい方

更新日:

ホームカードローンの基礎>カードローンのつきあい方

1枚や2枚のカードローンカードを持っていることは普通です(管理者も持っています)。
病気や事故など急な出費や日々の付き合いで資金不足に出くわすことは誰しもがあることです。
そのような時にカードローンは強い見方になり、備えともなります。
ただしその使い方には注意が必要です。

カードローンはあくまでも一時的な借金と考えることが大切です。
急な出費などにあくまでも一時的に利用するということです。
ほとんどのカードローンは24時間365日、銀行ATMやコンビニのATMなどで入出金、つまり借入と返済が出来ます。
特に24時間365日、いつでも返済することが可能だというところがポイントです。
一時的にカードローンを利用した後は、こまめに返済することが大切です。

カードローンを利用した後、陥りやすいパターンというのが、いわゆる借りっ放しの状態です。
実際に多くの人がこのような状態だと思われます。
いつもほぼ同じ残高で推移している、そしてその残高は限りなく上限一杯になっていることが少なくありません。

今度のボーナスが入ったらまとめて返す、今度の給料日に一定額を返すのではなく、1,000円、2,000円でも良いですから、とにかくこまめに返すことが大切なのです。
このような利用の仕方をしていれば、結果としてカードローンを常に上限一杯まで利用している状態にはなりませんし、余計な利息を支払う必要もありません。

繰り返しですが、カードローンはとにかく小額でも良いのでこまめに返す、これが賢い利用の仕方です。

カードローン人気ランキング
1位 モビット
2位 年収600万円以上の低利ローン
クレディセゾン MONEY GOLD CARD
3位 定番の1週間無利息ローン
ノーローン

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-カードローンの基礎
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.