信用保証協会保証付融資入門 担保

更新日:

担保が必要となるケース

信用保証協会の保証付融資にも担保が不要な場合と担保が必要な場合があります。
ではどのようなケースで担保が必要か不要なのかが決まるのでしょうか?
信用保証協会では担保基準というものを定めています。
具体的には保証付融資の合計額が8,000万円以下の場合は原則として担保は不要です。
一方で保証付融資の合計額が8,000万円を超える場合は、原則として担保が必要となります。
しかしこれはあくまで原則であって、信用保証協会保証付融資を利用する会社の財務内容や規模等によってケースバイケースです。
管理人の実務経験でもこれが言えます。
保証付融資の合計額が1億円を超えているにもかかわらず、無担保にて信用保証協会が保証に応じているケースもあります。
一方で保証付融資の合計額がはるかに8,000万円以下であるにもかかわらず、担保がないと保証に応じてくれないケースもあります。

会社の規模が相応に大きく財務内容も良好であれば、8,000万円を超過しても信用保証協会は無担保にて追加保証に応じる可能性があります。
一方で会社の年商が1億円未満の企業の場合は、8,000万円を無担保でOKとなる可能性はゼロに近いのが実態です。
そもそも担保があろうとなかろうと年商が1億円未満の会社が年商に匹敵する額の保証を得られることは困難です。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-信用保証協会保証付融資入門
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.