ダメ元で起業融資の相談です

ホーム起業・創業融資の申込み>ダメ元で起業融資の相談です

◆質問

自分は現在勤めている、前身の会社で別法人を立てるために名義貸しと出資をし、その時の代表に借金を背負わされてしまいました。(約4年前に200万)
その後、社長は事業が悪化するとトンズラをし、現在は別の者が会社オーナーとして別法人として事業を引き継いでいます。(前身の法人はおそらく倒産させています)

そのまま私には借金が残っています。
その為生活がかなり苦しいのもありますが、恥ずかしながら住民税も延滞している状況です。
その状況下、現在の会社である事業を任されているのですが、業績が上がっても給与は一向に上がりません。

住民税と昔の借金返済の為に我慢して雇われの身でおりましたが、このままだと一向に給与も上がらず、返済も苦しいため、もし可能なのであれば思い切って独立をしたいと強く考えるようになってしまいました。

1円で起業をするにも30万程度のお金がかかるとは思いますが、可能であれば当面の運営資金を融資できれば…と思っております。
今後自分が独立した際に商品を拡販していただける大きな問屋さんは数社あります
また、その会社の社長とは個人的にもお付き合いさせて頂いているのですが、強く転職を迫られておりますが、やはり転職してから『話が違う』では人生が終わってしまうので、どうしても起業をした方がよいと判断した結果です。

ただ、上記の通り、既に負債があり住民税も滞納している身…、すっぱりと起業するための融資は受けられないと考えたほうがよいでしょうか?
融資が受けられない場合は、形ばかりの法人を設立し、最初の工場への発注分のみ消費者ローンで借入しようかと考えております。

長々となりましたが、まずは…
・過去銀行での借入れがある場合
・住民税が延滞している場合
でも融資が可能なのかをご教授いただければ幸いです。
長くなりましたが、ぜひご返信いただけることを強く願います。





◆回答

結論から申し上げて「ダメ」とは言い切れません。
個人ではなく、法人設立で創業されるということでよろしいですよね?
法人で創業されることを前提にお話をさせていただきます。

> ・過去銀行での借入れがある場合
> ・住民税が延滞している場合
>
> でも融資が可能なのかをご教授いただければ幸いです。

銀行が法人向けに創業融資を行う場合、ほぼ100%といってよいほど、
信用保証協会の保証付融資となり、代表者であるご質問者を連帯保証人
として徴求します。
そしてこの場合、代表者の個人信用情報を照会することはありません。
(少なくとも管理者の勤務する銀行では照会を取っていません)

現在の借入はあくまでご質問者個人の借入だと思いますが、個人信用情報の照会を行わないということは、個人の借入は銀行では不明ということになります。
(もちろん個人借入先とは別の銀行に法人融資を申込まれることを前提にしています。同じ銀行であればわかります)

住民税の延滞については微妙です。
管理者の実務経験では法人向けの創業融資の検討にあたって、代表者個人の納税証明書の提出をお願いしたことはなかったと思います。
ただ絶対に提出をお願いしないとも言い切れません。
もし資金的に可能であれば、住民税を納付してから融資の相談をされた方がよいかもしれません。

創業融資の場合には、実質的な審査は信用保証協会が行います。
信用保証協会には創業融資に関する専門コーナーがあります。
まずはそこで相談されてはいかがでしょうか?





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%