銀行はどの程度の個人信用情報までわかるのでしょうか

ホーム個人信用情報に関すること>銀行はどの程度の個人信用情報までわかるのでしょうか?

◆質問

住宅ローンを検討しています。
住宅ローンの審査はとても厳しいと聞いています。
銀行は審査するときに個人信用情報を調べると聞きましたが、一体、どの程度までの情報を調べるのでしょうか?

◆回答

住宅ローンの審査時に銀行は申込んだ方の個人信用情報を調査しますが、銀行が独自に調査を行うわけではありません。
私たちの社会には個人の信用情報を収集している個人信用情報機関というものが複数存在しますが、銀行はその個人信用情報機関から情報を得て審査に利用することになります。

したがって個人信用情報機関に登録されている情報は銀行はすべてわかるということになります。
では具体的にどのような情報が登録されているのでしょうか?
代表的な個人信用情報機関であるCICのHPには次の内容が登録されている旨、掲載されています。

●ご本人を識別するための情報
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等
●ご本人を識別するための情報
氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号等
●ご契約内容に関する情報
契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等
●お支払状況に関する情報
報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等
●割賦販売法対象商品のお支払状況に関する情報
割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無等
●貸金業法対象商品のお支払状況に関する情報
確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無等

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。