ビジネスローンを決算書に載せたくない

ホーム銀行員の決算書分析>ビジネスローンを決算書に載せたくない

◆質問

ビジネスローンを会社とは関係ない口座で対応してわからないようにしたいのですが、どうでしょうか?
昨年、ビジネスローンを使用しまして繋ぎとして大変助かりました。
返済も短期で完済させたのですが、借入を決算書に載せてしまい、保証協会にも今後一切使用しませんと念書を書かされました。

資金繰り対策で以前から金融機関を融資のお願いをしてたのですが、どこも結果的には決算書が出来たら・・・という状況でした。

今月ももう時間がありませんが、何とかビジネスローンを使って繋ぎをし来月の決算まで頑張りたいと思っております。
アドバイスの方、宜しくお願い致します。





◆回答

ビジネスローンに限らず、会社が借入した場合、決算期時点での借入残高はきちんと決算書に掲載する必要があります。
掲載しなかった場合には、それは「粉飾」ということになります。

決算を粉飾してもすぐには金融機関にはわからないかもしれません。
しかし、私をはじめ金融機関の融資業務に携わっている人間は、いろいろな方法から、粉飾決算を見抜きます。
そして粉飾決算が発覚した場合、その会社には未来永久に融資は行いません。
このことの方がリスクが高いと思います。

なおビジネスローンを利用しても、決算期末時点で完済しておれば、決算書に掲載する必要はありません。
決算書への掲載はあくまでも決算期末時点の数字です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%