過去のサラ金からの借入と銀行融資について

ホーム自営業者の銀行融資>過去のサラ金からの借入と銀行融資について

◆質問

先日、取引銀行に小口零細企業保証の申し込みをしました。
しかし過去にサラ金からの融資の際、自宅に仮抵当がついています。
完済はしています。
このような場合、審査は大丈夫でしょうか?(個人事業主です。)

◆回答





個人事業主の融資審査の際、不動産資産を保有されている場合に謄本を取得し、懸念される権利等(差押やノンバンクによる担保設定等)を調査する場合があります。
そのような場合に、消費者金融の抵当権が設定されていると現在も借入があるものと推定されます。

したがって銀行や信用保証協会から問い合わせを受けた場合に備えて、消費者金融から残高がゼロの残高証明書を手配されることをおすすめします。
そしていつ完済したのもかも明確にしておいてください。
なお完済していても、日が浅いと審査が通らない可能性があります。

また補足ですが、すでに完済されておればご自宅の抵当権は消費者金融に申し出て、抵当権の解除手続きをしておいてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%