過去のサラ金からの借入と銀行融資について

投稿日:

ホーム自営業者の銀行融資>過去のサラ金からの借入と銀行融資について

◆質問

先日、取引銀行に小口零細企業保証の申し込みをしました。
しかし過去にサラ金からの融資の際、自宅に仮抵当がついています。
完済はしています。
このような場合、審査は大丈夫でしょうか?(個人事業主です。)

◆回答

個人事業主の融資審査の際、不動産資産を保有されている場合に謄本を取得し、懸念される権利等(差押やノンバンクによる担保設定等)を調査する場合があります。
そのような場合に、消費者金融の抵当権が設定されていると現在も借入があるものと推定されます。

したがって銀行や信用保証協会から問い合わせを受けた場合に備えて、消費者金融から残高がゼロの残高証明書を手配されることをおすすめします。
そしていつ完済したのもかも明確にしておいてください。
なお完済していても、日が浅いと審査が通らない可能性があります。

また補足ですが、すでに完済されておればご自宅の抵当権は消費者金融に申し出て、抵当権の解除手続きをしておいてください。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-自営業者の銀行融資
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.