銀行融資の返済で大変困っています

ホーム返済条件変更(リスケ)>銀行融資の返済で大変困っています

◆質問

銀行融資の返済のことで大変困っています。
資金繰りが苦しく、この先何ヶ月の間は元金の返済を待ってもらい利息のみの支払いをお願いしようと思っています。
しかし一度そのようなことをすると、資金繰りが良くなって返済が出来るようになっても、もう追加の借入は出来なくなると聞きます。
本当なのでしょうか?
返済が苦しく待ってもらうしかないのですが、どのようはデメリットがあるのでしょうか?

◆回答





返済条件を緩和する、つまりリスケは銀行から見れば出来れば避けたい方法です。
リスケをした融資債権は簡単に言えば「不良債権」となります。
不良債権に対しては銀行は一定の貸倒引当金を計上しなければならず、引き当てを実施した分だけ、銀行の決算が悪くなるからです。

しかしながら資金繰りに窮している融資先に対して、返済条件の緩和を一切認めず、ひたすらに現行どおりの返済を求めることは非現実的ですし、最悪融資先の破綻を招きます。
融資先が破綻してしまえば、基本的には全額が貸倒となり銀行決算への影響はますます大きくなります。

さて返済条件の緩和をした融資先に対して、その後に追加融資を行うかどうかですが、少なくとも返済条件を緩和している間は追加融資は困難です。
銀行融資の審査で最も重要なことは、融資した資金を最後まで回収することです。
その点、返済条件を緩和するということは融資先の資金繰りが悪化しているということですから、銀行から見れば融資金の回収に危険信号が点灯していることになります。
そのような状況下で追加融資をすることはどうしても困難なのです。

では一度返済条件を緩和した融資先に対しては、二度と融資は行わないのかといえば、そのようなことはありません。
返済が元の状態に近い水準まで戻り、その上で一定期間の返済実績が認められること、業績が改善し資金繰りにも問題がないことなどが確認できれば、追加融資は検討可能となります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%