両親と借金と連帯保証人の責任

ホーム保証人に関すること>両親と借金と連帯保証人の責任

◆質問

私には結婚を考えている彼がいます。
彼の実家は商売をやっていて、事業のために3,000万円ほどの借金があります。
最近、その商売の状況が良くなく返済のために彼の給料や兄弟の給料も充てているようです。
そしてすべてではないようですが、実家の借金のいくらかに彼は連帯保証人になっています。

両親は商売の見通しがつかないため、最近では自己破産も検討しているようです。
ただ心配なのは仮に両親が自己破産しても、彼が連帯保証しているものは彼が返済していかなければいけないのですよね?
彼自身はがんばって払っていくといっていますが、どれくらいあるのかもわからず私としては非常に不安です。





◆回答

ご質問者の言われるとおり、ご両親が自己破産し免責となった場合、ご両親の返済義務はなくなりますが、連帯保証人の返済義務まではなくなりません。
自己破産・免責というのは借金がゼロになる制度ではなく、返済義務から免れる制度です。
借金はそのまま残りますから、残っている以上連帯保証人の返済義務は消滅しません。
連帯保証人の返済義務をなくすには、連帯保証人自身も自己破産・免責を得る必要があります。

どれくらいの連帯保証を負っているのかをまず正確に把握することが先決だと思います。
連帯保証の金額が少なければ、彼の言うとおり返済することも可能だと思います。
逆に連帯保証の金額が多額であれば、場合によっては常に返済に追われる生活をこの先も続けていかなければならないかもしれません。

確実に連帯保証の金額を確定するには、ご両親が借金をしている先に確認するのがもっとも確実な方法です。
普通は聞けば答えてくれます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%