小規模個人再生の手続きをしていますがまだ住宅ローンは無理ですか?

投稿日:

ホーム住宅ローンの審査>小規模個人再生の手続きをしていますがまだ住宅ローンは無理ですか?

◆質問

2004.5月に小規模個人再生の手続きをしています。
住宅ロ-ンの申し込みをしていますが4社中、2社はネット銀行でお断りをうけましたが、残りの2社はJAと労金さんなのですが審査中です。
今週に全銀の官報情報の本人開示をしたところまだ登録されていたのですが、やはり、まだ住宅ロ-ンを組むのは無理なのでしょうか?

◆回答

全銀の官報情報は10年間登録されています。
10年後には自動的に情報は削除されます。
金融機関の住宅ローンは個人向けローンの中でもっとも審査が厳しい融資です。
これは住宅ローンが一般的に超長期の融資となるため、返済能力と申し込まれた方の適格性(この人にローンを組んでも大丈夫か?)を慎重に判断するためです。

もちろん小規模個人再生を行われたのは過去のことです。
現在はその当時の状態ではないと思います。
ただ、金融機関の審査は主観的に行うのではなく客観的に行われます。
つまり多くの人が妥当だと考えられなければ審査が通らないということです。

この点、過去とは言え個人再生の事実はどうしても客観的に考えると、その方の返済能力や適格性にマイナスとなってしまうのです。
官報情報が削除されるまで今しばらくお待ちください。



-住宅ローンの審査
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.