未登記部分がある中古住宅購入と住宅ローンについて

投稿日:

ホーム住宅ローンと違法建築>未登記部分がある中古住宅購入と住宅ローンについて 

◆質問

中古住宅の購入を考えています。
不動産屋さんからの説明では、過去の増改築を行っており、その部分については未登記であるとのことです。
購入にあたり全額を自己資金で賄うことは出来ませんので、一部は住宅ローンを利用したいと考えています。
未登記の部分は全体から見れば一部なのですが、住宅ローンを利用するにあたり何か問題はありますか?

◆回答

一部とはいえ、未登記部分がある住宅購入に住宅ローンは利用出来ません。
最大の問題点は担保の設定が出来ないこととコンプライアンスの問題です。

まず担保設定は登記済みの物件が対象となります。
登記がされていない物件に、そもそも担保設定は物理的に出来ません。

そしてコンプライアンスの問題。
増築等で建物の面積に変動があれば、所有者には登記を変更する義務があります。
未登記ということは、極端な言い方をすれば違法なのです。
違法なことに金融機関が住宅ローンの形で支援を行うことは、コンプライアンスの観点から認められません。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-住宅ローンと違法建築
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.