未登記部分がある中古住宅購入と住宅ローンについて

投稿日:

ホーム住宅ローンと違法建築>未登記部分がある中古住宅購入と住宅ローンについて 

◆質問

中古住宅の購入を考えています。
不動産屋さんからの説明では、過去の増改築を行っており、その部分については未登記であるとのことです。
購入にあたり全額を自己資金で賄うことは出来ませんので、一部は住宅ローンを利用したいと考えています。
未登記の部分は全体から見れば一部なのですが、住宅ローンを利用するにあたり何か問題はありますか?

◆回答

一部とはいえ、未登記部分がある住宅購入に住宅ローンは利用出来ません。
最大の問題点は担保の設定が出来ないこととコンプライアンスの問題です。

まず担保設定は登記済みの物件が対象となります。
登記がされていない物件に、そもそも担保設定は物理的に出来ません。

そしてコンプライアンスの問題。
増築等で建物の面積に変動があれば、所有者には登記を変更する義務があります。
未登記ということは、極端な言い方をすれば違法なのです。
違法なことに金融機関が住宅ローンの形で支援を行うことは、コンプライアンスの観点から認められません。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンと違法建築
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.