連帯保証人が融資を受けられるか?


ホーム住宅ローンと連帯保証人>連帯保証人が融資を受けられるか?

◆質問
子供も段々と大きくなってきていることもあり、妻と住宅取得の会話が多くなってきました。
当然住宅ローンのお世話にならなければいけないのですが、1つ心配なことがあります。
それは私が兄の借金の連帯保証人になっていることです。
兄はきちんと返済をしているようで、今のところ私のところに請求が来るようなことにはなっていません。
ただ住宅ローンは審査がとても厳しいと聞きます。
兄弟とはいえ、やはり連帯保証人になっていると審査は通らないでしょうか?

◆回答
住宅ローンの申込人が連帯保証債務を抱えているかどうかは、2つの場合に判明します。
1つめはご本人より申告があった場合。
2つめは個人信用情報の調査によってです。

もっとも連帯保証債務はすべてが個人信用情報に登録されるわけではありません。
例えばAさんの個人の借金の連帯保証人にBさんがなっている場合、Bさんの個人信用情報には連帯保証債務の情報は登録されません。
つまり、個人の借り入れに対する連帯保証は個人信用情報の登録対象外となっています。

これに対してAさんではなく、A社の借り入れにBさんが連帯保証人になっている場合には個人信用情報に登録される可能性があります。
つまり、法人の借り入れに対する連帯保証は個人信用情報の登録対象になる場合があります。

法人のすべての借り入れに対する連帯保証が登録対象になるわけではありません。
一部の法人借入の連帯保証が登録の対象となっています。
例えばビジネスローンや法人が組むリースの連帯保証は個人信用情報の登録対象となっています。
一方で信用保証協会保証付融資に対する連帯保証は個人信用情報の登録対象とはなっていません。

お兄さんの借金はあくまで個人名義の借金だと思われますが、そうであればご質問者の連帯保証は個人信用情報には登録されていないはずです。
個人信用情報に登録されていないということであれば、自主申告をしない限り、金融機関は連帯保証債務の事実を知ることはありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト