銀行とローン保証会社は別々の個人信用情報機関に照会を行います

ホーム個人信用情報に関すること>銀行とローン保証会社は別々の個人信用情報機関に照会を行います

住宅ローンをはじめ銀行ローンのほとんどは保証会社の保証付きローンの形態となっています。
つまり、実際にローンという融資を行うのは銀行で、万が一、ローンが貸し倒れになった場合、銀行はローン保証会社から債務者に代わって返済を受けることになります(これを代位弁済と言います)。
このようなこともあり、銀行ローンの審査は銀行とローン保証会社がそれぞれ行うことになります。

ところでローンの審査においては必ず申込人の個人信用情報の調査を行います。
具体的には加盟している個人信用情報機関に登録情報の照会を行います。
そして銀行とローン保証会社が加盟している、つまり個人信用情報の照会を行う個人信用情報機関は別々のものとなっています。
このことから銀行が行う個人信用情報の照会では延滞情報などが出てこなくても、ローン保証会社が行う個人信用情報の照会で延滞情報等が出てくる可能性があります。
延滞情報等が出てくれば、大半のローン保証会社は保証を行いません。
銀行ローンのほとんどは利用条件としてローン保証会社の保証を得ることになっていますから、ローン保証会社が保証を行わないとなれば、結果として銀行ローンは実行されないことになります。

銀行がどの個人信用情報機関に信用情報の照会を行うかは、銀行のHP上に掲載されています。
HP上に「個人情報の取り扱いについて」などの表記があると思いますので、そこをクリックすれば、その銀行がどの個人信用情報機関に加盟しているかがわかります。
個人信用情報の照会を行うには、情報機関に加盟していることが絶対条件ですから、結果としてその銀行がどこの個人信用情報機関に照会を行うのかがわかります。

一方でローン保証会社の方ですが、通常は銀行のローン商品案内などでどこの保証会社を利用するかが明記されています(明記されていないこともあります)。
保証会社がわかれば、さきほどの銀行のケースと同様の手法で、ローン保証会社が加盟している個人信用情報機関を調べることが出来ます。
つまりローン保証会社がどこの個人信用情報機関に照会を行うのかがわかります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。