個人信用情報開示請求の履歴はデメリットになりますか?

ホーム個人信用情報に関すること>個人信用情報開示請求の履歴はデメリットになりますか?

◆質問
銀行にローンの申し込みを考えています。
ただ自分の信用情報の内容が不安なので、申し込む前に個人信用情報機関に開示請求をして確認をしておこうと考えています。
開示請求をするとその事実が信用情報に登録されると聞きますが、銀行でのローン審査時にこのような履歴があると不利になりますか?

◆回答
個人信用情報機関に自己の信用情報の開示請求をすると、その事実が6か月間、情報として登録されることになっています。
したがって開示請求をしてから6か月以内に銀行にローンの申し込みを行うと、開示請求を行った事実が銀行に知れることになります。

しかし、このことがローン審査に不利に働くことはありません。
今の時代、自分自身の信用情報がどのように登録されているのか、それを確認するために個人信用情報機関に開示請求を行うことは珍しいことではありません。
ご安心ください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。