住宅ローンの申込資格があるのか不安です

ホーム経営者・自営業者の住宅ローン>住宅ローンの申込資格があるのか不安です

◆質問
マンションンの購入を検討しています。
私はシステムエンジニアで今まで約8年間、サラリーマンとして勤務していましたが、会社が数年前に倒産しました。
倒産後はフリーのシステムエンジニアとして、ある会社と契約をしてシステム開発などの業務に携わっています。
このような仕事の形態で住宅ローンの可能性はあるのでしょうか?

◆回答
ご質問者さまが契約をしている会社に「雇用されている」形態で、住民税について「特別徴収」となっていれば、毎年「特別徴収税額の決定通知書」というものがお住まいの地公体から送付されてくると思います。
この決定通知書が前年の収入証明となりますので、住宅ローンの申し込み時に提出をしてください。



またご質問者さまが個人事業主の形態の場合には確定申告をされていると思いますので、
その場合には3年分の確定申告書と納税証明書をご用意ください。
3年分の確定申告書の提出をお願いする理由は、一般的にサラリーマンよりは個人事業主の方が収入の安定性において、やや不安定な面がありますので、3年分の確定申告書の提出を受けて収入の安定性と平均的な収入を確認するためです。

いずれにしても個人事業主の場合も、もちろん住宅ローンの対象となります。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。