団体信用生命保険が適用される時期について

投稿日:

ホーム住宅ローンと団体信用生命保険>団体信用生命保険が適用される時期について

◆質問

現在住宅ローンの申込をしています。
建物の完成は今年の秋口になりますので、住宅ローンの実行もその時期になると考えています。
住宅ローンの利用にあたり団体信用生命保険への加入申し込みも同時に行いました。
住宅ローン実行後に、私に万が一のことがあった場合、保険金でもって住宅ローンの返済に充てられることは承知しています。

ところで仮の話ですが、住宅ローンが実行される前に私が病気にかかり、余命はあと数か月となった場合、住宅ローンはどうなるのでしょうか?
団体信用生命保険の適用はやはり住宅ローン実行後でしょうか?

◆回答
団体信用生命保険は、住宅ローンの実行時から有効になります。
あくまでも住宅ローンが実行されてからです。
したがって住宅ローン実行前に仮にご質問者さまが亡くなった場合は団体信用生命保険の保険はおりません。
またそもそもですが、住宅ローン実行前に亡くなった場合には、住宅ローンが実行されません。

では住宅ローン実行前に余命が数か月となったとします。
住宅ローン実行まではご存命で、住宅ローン実行後、数か月で亡くなった場合、団体信用生命保険の保険金がおりるかといえば、そう簡単には行きません。
不慮の事故で亡くなった場合は別にして、病気で亡くなった場合、団体信用生命保険の加入手続きでの告知時に、病気による体調不良などの自覚症状がなかったはずがないと思われてしまいます。
こうなると「告知違反」として保険が無効になってしまいます。
かならずそうなるとは限りませんが、このようなケースは当然考えられますので参考にしてください。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンと団体信用生命保険
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.