銀行融資の事故扱いについて

投稿日:

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>銀行融資の事故扱いについて

◆質問
私の父は会社を経営しており、銀行から融資を受けています。
返済が滞っており、回収会社の方に債権が移ったと先日話をしていました。
債権が銀行から回収会社に移ったことで父の会社の信用情報は事故扱いになっているのでしょうか?

◆回答
信用情報は個人の借入に関することであり、法人に関しては個人のような信用情報の登録といったものは整備されていません。
法人で唯一信用情報の類のものと言えば、手形や小切手などの交換を行う手形交換所が発表している銀行取引停止処分(いわゆる不渡情報)のみです。
したがってお父様の会社が銀行取引停止処分を受けていなければ、他の銀行では債権が回収会社に移ったことなどは知りません。

なお銀行からの融資の中に信用保証協会の保証付融資は含まれていないでしょうか?
信用保証協会とは主に中小企業や個人事業主が銀行融資を受けやすいようにと設けられた「公的な保証人」です。
債権が銀行から回収会社に移ったということは、おそらく信用保証協会保証付融資についても銀行から信用保証協会へ債権が移ったものと思われます。
これを信用保証協会の代位弁済と言います。

信用保証協会は代位弁済を行った法人や個人事業主に対しては、少なくとも代位弁済した資金の返済を受けない限りは、新規の保証は行いません。
そうすると他の銀行が信用保証協会保証付融資を検討しようとしても、信用保証協会の保証が得られませんので、他の銀行も融資を行わないという影響があります。



-銀行融資全般に関するQ&A
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.