住宅ローンの連帯保証人と団体信用生命保険の関係

ホーム住宅ローンと連帯保証人>住宅ローンの連帯保証人と団体信用生命保険の関係

◆質問
主人が今回、住宅ローンを組むことになりました。
そして私(妻)は連帯保証人になります。
団体信用生命保険に加入しますが主人が亡くなった時、住宅ローンが残っている場合、それは保険金で返済されるのでしょうか?
それとも連帯保証人である私が返済を続けていかなければならないのでしょうか?





◆回答
団体信用生命保険は住宅ローンの借入人が亡くなった場合、保険金で住宅ローンを完済する制度です。
したがってご主人が亡くなった場合には、保険金でもって住宅ローンは完済されますからご質問者さまが返済をしなければならないということにはなりません。
連帯保証人の有無は関係ありません。

なお余計なことですが、ご主人が住宅ローンの返済が出来なくなった場合には、連帯保証人であるご質問者さまに返済の義務が発生します。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%