銀行融資の基本

担保があれば、銀行はより多くの融資をしてくれるのでしょうか?

ホーム銀行融資と担保>担保があれば、銀行はより多くの融資をしてくれるのでしょうか?

銀行融資の多くは無担保融資ですが、もちろん有担保の融資も実施しています。
銀行融資の審査の第一は融資先の返済能力です。
まずは融資先がきちんと返済出来る能力を持ち合わせているかどうかということです。
したがって担保の有無は二の次になります。

しかし融資先の返済能力を見極めることはベテランの銀行員であっても至難の業です。
特に長期の融資の場合、融資先の返済能力を将来にわたって判断しなければならないのですが、将来のことなど誰にもわかりません。
あくまでも融資先の過去の業績や、足元の状況、今後の見込みなどでもって将来の返済能力を推測しているだけです。

このような点からどれだけ業績好調な融資先であっても、無担保融資は一定の限度を設けています。
無担保融資の限度額を超えて融資に応じるには、やはり担保が必要となります。
逆の言い方をすると担保があれば、より多くの融資が検討できるということです。
担保は融資先の将来の業績悪化や不測の事態に備える、銀行の保全の意味合いがあります。
したがって銀行融資の現場では「担保があるからいざという時も大丈夫」という判断が働き、より多くの銀行に応じやすくなります。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.