債務超過は銀行融資の謝絶要因となります


ホーム赤字決算・債務超過のとき>債務超過は銀行融資の謝絶要因となります

債務超過ということは・・・
債務超過、つまり過去の赤字の累積が資本金を上回っている状態は銀行融資の謝絶の大きな要因になります。
なぜかというと債務超過の現象はその融資先が設立から現在に至るトータルで1円の利益も上げることが出来ず、赤字体質であることをもっとも客観的に示しているからです。

銀行側から見ればきちんと返済してもらえるところに融資をしたいわけですが、赤字体質ということはきちんと返済してもらえない可能性が相当高いということになります。
融資は当然ながら最後まで回収しなければなりませんから、きちんと返済してもらえない可能性がある取引先には、なるべく融資を控えたいというのが銀行の本音です。
銀行によっては債務超過という事実だけで一律融資を断るところもあります。

債務超過の回避策
債務超過は会社の設立から現在に至るまでの、会社の利益体質を総合的に示しています。
したがって債務超過を回避するには、とにかく会社の体質を見直し、毎期毎期安定的に利益が確保できるように体質改善が必要になります。
しかし体質改善は短期間で行わることではありません。
一定の時間を要する事柄です。

てっとり早く債務超過を解消するには、資本金を増やす、つまり増資です。
増資を行い資本金を累積赤字の金額よりも多くすれば、少なくとも表面的には債務超過の状態は解消します。
さきほど、債務超過という事実だけで一律融資を断る銀行があると説明しましたが、このような銀行には表面的にせよ債務超過を解消すれば、融資検討の余地が出てくるのです。
中小企業の決算書によく見られる例として代表者やその一族からの借入金がありますが、これを借入金では増資にシフトすることで、表面的にせよ債務超過を解消させることが出来ます。

管理者の勤務する銀行では債務超過の事実だけで一律融資を断るということはありません。
ただし出来れば融資は避けたいというのが本音です。
融資を断る理由は様々ですが、仮に債務超過以外の部分で融資が出来ない場合でも、一言「債務超過ですから融資は難しい」と債務超過は融資を断る簡単な理由として用いられることがしばしばあるくらいです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト