あまりに小額な融資の要請は引いてしまいます

ホーム銀行融資審査マンの心理>あまりに小額な融資の要請は引いてしまいます

ある製造業の中小企業から最近5,000万円の運転資金の融資相談がありました。
検討の結果、信用保証協会保証付融資で進めることになり信用保証協会の保証申し込みを行っていたのですが、信用保証協会の審査結果は500万円。

この中小企業に信用保証協会の審査結果を伝えたところ、「とりあえずその金額で良いので融資手続きを進めてください」というもの。
当初の流れから500万円の融資で手続きは進めるのですが、5,000万円の融資希望のところ金額が500万円と10分の1になっても融資を受けるということは、私たち銀行員から見れば「よほど資金繰りに窮しているな」と映ることになります。

5,000万円の融資希望のところ、500万円という数字は抜本的な資金繰り安定には到底つながらないはずです。
あくまでも一時しのぎにしかならないはずです。
それでも借りるということはよほど資金繰りに窮していると考えざるを得ないことになります。

今回の融資後は「要注意先」として管理を強化する対象となります。
近いうちに追加の融資要請が想像されますが、今度は融資を検討するのではなくリスケを含めた抜本的な経営改善を一緒に考えることになります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。