決算書を継続して提出しない会社には以降の融資はしません

投稿日:

ホーム銀行融資審査マンの心理>決算書を継続して提出しない会社には以降の融資はしません

銀行は融資を行う時だけではなく、少なくともその融資が続いている間は融資先に毎年決算書の提出を求めます。
例えば3年前に融資を実行し、その後新たな融資はしていないものの、当初の融資がまだ完済とならず残っている間は毎年決算書の提出を求めます。

ほとんどの取引先は決算書を提出いただけますが、中には決算書の提出を拒む取引先があります。
そして決算書の提出を拒む理由はだいたい2つのパターンに分類できます。
1つめは「銀行からお金を借りてやっている」というパターン。
概して決算内容が良好な場合が多く、銀行としては今後も取引の拡大をしていきたいと考えています。

2つめは何らかの理由付けは行うものの、要するに赤字決算で銀行に見せたくないというもの。

銀行に継続して決算書を提出する義務はありません。
もちろん銀行融資を受ける際には審査の資料として決算書の提出は避けられませんが、その後は継続して決算書を提出する義務はないのです。

銀行側からすると融資が残っている間は融資先の状況は気になります。
また新しい決算書にて追加の融資が出来ないか、営業面でも活用したいと考えています。
そもそも銀行は融資先とは長い付き合いを前提にしており、双方の信頼関係を高めたいと考えています。

継続して決算書の提出をいただけないと、融資後の状況がわかりませんし追加融資の検討が出来ませんし、財務改善のアドバイス的なことも出来ません。
そして継続して決算書の提出を拒む取引先に対しては「融資を受ける時だけ決算書を見せる都合主義の取引先」とも思いを強く持ちます。
継続して決算書の提出をいただけないと長い付き合いは出来ませんし、当然ながら双方の信頼関係を高めることも出来ません。
そのような先にはどれだけ決算内容が良好であっても「二度と融資はしない」と考えるのが多くの銀行員の心理です。



-銀行融資審査マンの心理
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.