銀行融資金利の構造と仕組みを理解する

ホーム銀行融資の交渉>銀行融資金利の構造と仕組みを理解する

銀行融資金利はつぎの要素で決まります。

1.調達金利
融資する資金を市場や預金者から調達してくる際、銀行が支払う金利のことです。
要するにお金の仕入代です。

2.経費
銀行を営む上で必要な経費、例えば人件費や家賃、通信交通費など一般企業と同様にかかる経費のことです。

3.デフォルト率
融資に貸し倒れは避けて通りません。
銀行融資の過去の統計をもとに、取引先の信用格付毎に一定のデフォルト率(貸し倒れ確率)を計算し実際に貸し倒れの発生有無にかかわらず、あらかじめ一定の引当コストを計上するものです。

4.収益
銀行の儲けの部分です。
財務内容が良好で銀行として積極的に融資を行いたい取引先には収益を低くします。
逆に財務内容が悪く銀行として慎重に融資を行う取引先には高い収益の確保を目指します。

上記1~3は銀行が最低限負担するコストです。
このコストに4の銀行の儲けを上乗せして取引先の金利を決めています。

では取引先としてはどのような努力をすれば融資金利が低くなるのでしょうか?
それは上記デフォルト率と収益の部分です。
信用格付が良くなれば銀行のデフォルト率は低下しますし、信用格付が高い取引先には銀行は収益を低くしてでも積極的に融資を行いたいと考えます。
信用格付は決算書の財務分析を主とする定量要因と業界環境や経営者の資質など定性要因に基づいて決定されています。
財務内容を良くするとともに、日頃から銀行の担当者との接触を多くして会社の売り込みを行うことで信用格付を高める効果が期待出来ます。

信用格付が良くなれば、厳しい交渉を銀行と行わなくても銀行の方から低利率にて融資の提案があるはずです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。