担保を使って融資金利を引き下げる

ホーム銀行融資と担保>担保を使って融資金利を引き下げる

銀行との融資取引では不動産などの担保を提供する場合があります。
担保は銀行の保全の意味あいがありますが、取引先にとっては担保を提供することで銀行融資が受けられるという資金調達の意義のほかに、金利の引き下げの交渉手段としても使えます。

銀行の金利は次の4つの要素で決まっています。
[note]1.資金の調達コスト(銀行のお金の仕入コスト)
2.経費(銀行の人件費や家賃など一般的な経費)
3.デフォルト率(将来の貸し倒れに備えた一定の引当コスト)
4.銀行の収益[/note]



担保はこの4つの要素のうち、3のデフォルト率に関係があります。
融資には貸し倒れはつきものです。
その貸し倒れに備えて銀行は一定の引当コストを実際に貸し倒れの発生有無に関係なく、予め費用として見積もっています。
ただし担保があれば、その分だけ引当コストは少なく済みます。

[important]つまり担保は銀行のコストを引き下げる効果がありますから、その分だけ融資金利を引き下げても銀行は一定の収益を確保できることになります。
「担保を入れているんだから金利は低くして」と銀行担当者と交渉する価値は十分にあります。[/important]


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。