複数の銀行とのつきあいがおすすめ

ホーム銀行とのつきあい方>複数の銀行とのつきあいがおすすめ

会社がつきあう銀行の数は会社の規模によっても異なってくると思いますが、1つの銀行ではなく複数の銀行とのつきあいをお勧めします。
理由は2つです。
[tip]1.銀行間の競争で融資金利が引き下げられる
2.資金調達窓口が多様化する[/tip]

1つの銀行とのつきあいだけでは、多くの場合、融資の金利は銀行のいいなりになってしまいます。
複数の銀行とのつきあいがあれば、銀行間で金利の競争をさせることが出来ますから、結果として金利が引き下げられる恩恵が受けられます。



さらに1つの銀行とのつきあいだけでは、その銀行が融資を渋った場合、資金繰りに窮する事態も想定されます。
複数の銀行とのつきあいがあれば、1つの銀行がだめでも別の銀行から融資が受けられる可能性が残ります。

[note]ただだからといってやたらに取引銀行数を増やすのも考え物です。
あまりにも多くの銀行とつきあいがあると「貸してくれる銀行から片っ端に借り入れをしている」と映ります。
これはイメージを損ねます。
年商が2億円までは取引銀行数は2つ、3億円までは3つ、5億円までは4つ程度が適当な取引銀行数だと思われます。[/note]


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。