減価償却をしないで黒字を確保しました


ホーム中小企業社長との面談日誌>減価償却をしないで黒字を確保しました

[note]先日、ある製造業の中小企業社長から新しい決算書の提出を受けました。
わたしがパラパラと決算書を見ているとその社長から「減価償却をしないで銀行さんが喜ぶように黒字を計上しました」との発言が耳に飛び込んできました。[/note]
「黒字にすると税金を払わないといけないのだけど、繰越損失が使えて税金を払わなくても良いので、減価償却をしないで黒字にしました」と。

中小企業の決算には税法が大きく影響を与えますから、上記社長の発言も理解出来るところではあるのですが、私たち銀行員から見れば減価償却を見送って黒字にしたということは、つまり実態は赤字であると理解をします。

上記の社長のように自ら減価償却を見送ったという発言がなくても、銀行員は決算書の分析において、表面の数字を見るだけではなく実態はどうなのかを常に考えるようにしています。
そして実態はどうなのかを考える際に、減価償却の不足はないかどうかを必ずと言っていいほど確認をしています。
減価償却不足があれば、減価償却を正常に行った場合に利益はどうなるのかを見ます。

銀行融資の審査の場面でも同じことが言えます。
決算書の表面の数字だけではなく、実態数字にて決算内容はどうなのかを突き止め、その実態をベースにして銀行融資の審査は行われています。
今回のケースは表面的には黒字であっても、実態は赤字だということを前提に銀行融資の審査は行われることになります。
[warning]要するに表面的に黒字にすることで銀行融資は受けやすくなるということにはならないのです。[/warning]

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト