本当は黒字だが税金対策で赤字にした

ホーム中小企業社長との面談日誌>本当は黒字だが税金対策で赤字にした

[note]中小企業の決算において「節税」は決算作業の大きな「テーマ」であり、多くの中小企業が実態として行っていることです。
私たち銀行員もこのこと自体は口をはさむ余地はありません。
しかし行き過ぎた節税は銀行による信用格付評価の低下を招き、銀行融資が出にくい事態を招きます。[/note]

ある飲食店の社長と面談した先、最近出したお店の売上が好調で今期は前年比大幅な売上の増加が期待でき、決算も良くなると話をしていました。
しかしその数か月後にいただいた決算は営業赤字で最終利益も大幅な赤字。
理由を尋ねると「税金を払いたくないから赤字にした」というもの。
「本当は大幅な黒字だが、税金を支払うのは私は嫌いだからいろいろな経費を計上して赤字にして税金を払わなくても良いようにした」。

日々、汗をかいて稼いだお金の中から税金を支払うことに抵抗があることは理解します。
また税金を支払うには資金が必要ですが、決算書では利益が出ていてもその利益は売掛金など、まだ現金化していないことが多く、手元に利益に見合う資金がないことも珍しくありません。
このため税金を支払うための「納税資金」という銀行融資の資金使途があるくらいです。





このような理由などから中小企業の多くでは節税対策を実施していますが、要するに節税対策というのは利益を少なくするということです。
一方で銀行融資の審査の目線から見た場合、利益は融資の返済原資となるものでありその利益が少ない、あるいは赤字であれば銀行融資の返済原資が乏しく、返済可能性が低いということを意味します。

前出の飲食業の社長からは「税金を支払いたくないから赤字にしただけで、本当は大幅な黒字。次の出店を考えているのでまた融資の相談に乗ってもらいたい」と依頼を受けましたが、銀行融資の審査において「本当は大幅な黒字」という理由は何の効果もありません。
審査では「本当は大幅な黒字」という説明は無視し、あくまでも決算書という客観的な資料をベースに審査を行います。

[important]節税対策にしろ何にしろ、決算書が赤字であればその融資先は「赤字であり返済可能性が低い」という評価をもとに審査を進めることになります。
当然、融資をお断り事態も十分にあり得ます。[/important]

行き過ぎた節税対策は資金調達に支障を招く場合が少なくありません。
適度な節税にとどめておくことも必要だと思います。
ある別の社長は「現金を貯めるコツはきちんと税金を支払うこと」と言っています。
その社長の会社の内容は財務内容良好で、資金調達に何ら悩むことはありません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%