銀行融資のハネ資金


ホーム銀行融資の交渉>銀行融資のハネ資金

[note]銀行員は取引先への融資においてよく「ハネ資金」という言葉を使います。
取引先に使う言葉ではありませんし、銀行融資の資金使途でもありません。
「ハネ資金」とは銀行融資の返済のための資金のことを言います。[/note]

銀行融資の返済の理想は事業によって生み出された手元にある資金でもって行うことです。
業績も順調で手元資金から仕入資金や社員の給与などの経費をすべて支払い、その上で手元に残った資金にて銀行融資の返済が出来れば、この「ハネ資金」は必要ありません。
しかし多くの中小企業は銀行融資の返済をすべて手元資金にて賄うことは出来ません。
したがって返済を行うために一定の新たな銀行融資が必要となります。
これが「ハネ資金」です。

返済のための銀行融資ですから、銀行融資審査の基本から言えばネガティブな融資です。
ただ先ほども説明したように実際は多くの中小企業がハネ資金を必要とする体質であり、銀行としても頻繁にハネ資金の取り上げを行っています。
ただ稟議書に「ハネ資金」とは書きません。
表面上は運転資金と書きます。

[important]実質的にハネ資金を取り上げる場合のポイントは、
・ハネ資金の融資額が年間の返済額以内に収まっているか
・他の銀行からも融資が受けられる可能性があるか
です。[/important]

年間返済額以内にハネ資金の融資額が収まっていれば、徐々にではありますが返済が進み、最終的にすべての融資の回収が出来ることになります。
また他の銀行からも融資が受けられる可能性があれば、当行融資の返済に懸念は少ないと考えることが出来ます。

ハネ資金の融資が受けられないとなると、返済に支障をきたしたり資金繰りの行き詰まりに発展する可能性がありますから、結構重要な資金調達と言えます。
銀行に実質的に「ハネ資金」の融資を申し込む場合、返済のための融資という表現は避けた方が良いかもしれません。
仕入資金などあくまで運転資金としての申込の方がベターです。
そのあたりのことは銀行員も理解しています。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト