在籍確認って何を聞くのですか?


ホーム個人ローン全般>在籍確認って何を聞くのですか?

[note]在籍確認とはローンを申し込んだ人が、本当に申告のあった勤務先で働いているかどうかを確認することです。
勤務先からの収入でローンの返済を行うわけですから、返済可能性を確認する上でも在籍確認は重要です。[/note]

ただすべてのローン申し込みにおいて在籍確認が実施されるわけではありません。
例えば住宅ローンでは健康保険証や源泉徴収票などの徴求により、申し込んだ人がその勤務先で働いていることが確認出来ますから、あえて電話で在籍確認をすることはありません。

在籍確認が行われる主要なものは金額が比較的少額のカードローンや、提出書類だけでは勤務確認が出来ない場合に、勤務先に電話することで行われます。
では具体的にどのように在籍確認が行われるのか一例をあげます。
「鈴木太郎」さんがインターネットでカードローンの申込を行い、A会社で働いていると申告があった場合です。

金融機関:「山口(個人名)と申しますが、鈴木太郎さんをお願いします」
A会社:「鈴木はあいにく外出をしております」
金融機関:「そうですか。何時ごろ戻られますか?」
A会社:「夕方の4時ごろ帰社する予定です」
金融機関:「わかりました。また連絡いたします」

鈴木太郎さんが申告のあった会社に在籍することがわかれば良いのです。
鈴木太郎さんの人柄や仕事ぶりなどはどうでも良いことです。
その会社に確かに働いているということがわかれば、それで十分なのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト