請求喪失

ホーム銀行融資用語集>請求喪失

[note]債務者は銀行から融資を受けている場合、融資の期限までは一括返済を請求されない、つまり期限までは融資を借り続けることが出来ます。
この権利のことを期限の利益といいます。
しかし一定の事態が発生した場合、銀行から一括返済を請求されます。
これを期限の利益の請求喪失といいます。[/note]

ではどんな場合に銀行から一括返済を請求されるのでしょうか?
このことについては銀行取引約定書第5条第2項に規定されています。





[important]銀行取引約定書第5条第2項
甲について次の各号の事由が一つでも生じた場合には、乙からの請求によって、甲は乙に対するいっさいの債務について期限の利益を失い、直ちに債務を弁済するものとします。

1.甲が乙に対する債務の一部でも履行を遅滞したとき。
2.担保の目的物について差押、または競売手続の開始があったとき。
3.甲が乙との取引約定に違反したとき、または第14条に基づく乙への報告もしくは乙へ提出する財務状況を示す書類に重大な虚偽の内容がある等の事由が生じたとき。
4.甲の責めに帰すべき事由によって、乙に甲の所在が不明となったとき。
5.甲が第15条第1項各号のいずれかに該当し、もしくは同条第2項各号のいずれかに該当する行為をし、または同条第1項の規定に基づく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明したとき。
6.保証人が前項または本項の各号の一つにでも該当したとき。
7.前各号に準じるような債権保全を必要とする相当の事由が生じたと客観的に認められるとき。
(甲:債務者、乙:銀行)[/important]

延滞や担保に差押が入った場合には、銀行から一括返済を請求されてもやむを得ないということです。
なお銀行からの請求の方法ですが、銀行実務においては内容証明郵便にて行われます。
銀行は請求によって期限の利益を喪失させたうえで、信用保証協会への代位弁済手続きや担保の処分、預金の差押など強制処分に着手することになります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%