印鑑証明書の提出だけで保証人になってしまうのですか?

ホーム銀行融資と保証人>印鑑証明書の提出だけで保証人になってしまうのですか?

◆質問
[help]取締役として勤務している会社の業績が良くありません。
今はただの取締役ですが、社長からは後継者として近々代表取締役に就任するよう言われています。[/help]

そして今、銀行に融資をお願いしているのですが、銀行からは後継者として私に連帯保証人になるよう要請されています。
銀行の担当者からは私個人の印鑑証明書を準備するよう言われています。
印鑑証明書を銀行に提出しただけで、私は連帯保証人になってしまうのでしょうか?

◆回答
[note]保証契約が成立するにはあなたの保証意思を銀行が確認したうえで、保証書など書類への署名と捺印(=実印)が必要です。
印鑑証明書の提出だけで保証契約が成立することはありません。[/note]





銀行の担当者から印鑑証明書を準備するよう連絡が入ったのは、この書類への捺印に用いられる実印の印鑑照合のためだと考えられます。

会社の代表取締役への就任となれば、仮にあなたに資産などがなくても会社の経営責任者という位置付けの意味合いで銀行からの融資時には必ずと言っていいほど連帯保証人への就任が要請されます。
逆の言い方をすれば、連帯保証人への就任を拒絶すれば銀行からの融資は望めません。

一方で連帯保証人の責任は非常に重く、実質的には債務者とほとんど変わりはありません。
なおかつ一度連帯保証人になると将来、連帯保証人から脱退することは容易なことではありません。
会社や会社の従業員の生活も関わってくる非常に重要なことですが、連帯保証人への就任はよくよく考えての上で決断されることを肝心です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%