税理士任せは考え物です

ホーム銀行融資の受け方>税理士任せは考え物です

[note]顧客より銀行融資の申し込みを受け審査の過程で不明点がある場合、取引先に問い合わせをすることになりますが、その際「こちらではわからないので○○税理士に聞いてほしい」という答えが返ってくることがあります。
またそもそも銀行融資の申し込みの際に、税理士同伴で来られる取引先があります。[/note]

しかし銀行にとって「税理士に聞いてほしい」とか税理士同伴での銀行融資の申し込みは、
「この取引先は自社の状況をきちんと把握していないのではないか?」と感じてしまいます。
取引先からすれば税理士から答えてもらう、あるいは税理士に一緒について行ってもらった方が安心なことだと思います。
税理士であれば銀行員からの質問に対しても、すらすらと理路整然と答えてくれると期待されているのでしょう。





ただ私たち銀行員は税理士の理路整然とした説明を期待しているのではありません。
理路整然としていなくても、あるいは口下手でもあっても経営者自らの言葉を銀行員は大切にしています。
理路整然とした税理士からの説明よりも、経営者自らのわかりづらい説明の方を銀行員は重要視しています。

自らが答えず、税理士に答えを委ねている経営者に対しては、「この経営者は自社のことがわかっていない」「何でも他人任せの経営者ではないのか」などととにかく否定的なとらえ方を銀行員はします。
銀行融資の審査は決算書などの数字が中心であることは事実ですが、経営者自身の資質も重要な審査ポイントです。
自社のことがよくわかっておらず、他人任せの経営者の会社に、安心して融資をすることが出来ますか?

自分の言葉で答えてくれる経営者の方がよほど銀行員は好きなのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%