借入枠というものは存在しません

ホーム銀行融資の受け方>借入枠というものは存在しません

[note]ときどき融資先の顧客から「うちの借入枠はいくら?」「いくら借りられる?」という質問を受けますが、この質問には答えられません。
そもそも銀行は融資先毎に借入枠、銀行から見れば融資枠というものを決めていません。
具体的な融資の相談があってはじめて、融資可能かどうかを審査しています。[/note]

具体的な融資の相談には最低限、使途と融資希望金額を示す必要があります。
多いのが使途の説明はあるものの、融資希望金額の明示がないケースです。
相談される側としては融資可能金額を聞いてから、足りない金額をどうするか考えたいということかもしれませんが、希望金額の明示がない相談は審査のしようがないというのが銀行員の本音です。





運転資金にしろ設備資金しろ、総必要額があるはずです。
そして自己資金投入可能額を差し引いた残りを融資希望金額とすれば良いのです。
融資希望金額の明示がない融資の申し込みは、「場当たり的で計画性のない融資申し込み」と銀行員の目には映るのです。

融資の申し込みがあって初めて具体的な審査を行うが銀行のスタンスです。
はじめから借入枠、つまり融資枠を決めていることはありません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%