金融機関の事故情報(ブラック情報)の記録が消去される期間

ホーム個人信用情報に関すること>金融機関の事故情報(ブラック情報)の記録が消去される期間

◆質問
去年に借金の任意整理を行いました。
任意整理をしているため金融機関に事故情報(ブラック情報)に載っていると思いますが、このような事故情報(ブラック情報)はいつごろ消えるものなのでしょうか?

この先、借金やカードはもう持たないつもりですが将来住宅は購入したい夢は持っています。
事故情報(ブラック情報)が消えるのは5年とか、7年とか聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか?

◆回答
個人の信用情報は金融機関ではなく個人信用情報機関と呼ばれるところに登録されています。
金融機関は個人の方からローンやカードの申し込みがあった場合、加盟している個人信用情報機関に照会を行い、事故情報の有無などを調査しています。

事故情報の登録機関は個人信用情報機関によって微妙に異なります。
現在、個人信用情報機関は3つあります。
全国銀行個人信用情報センター(銀行系)
日本信用情報機構(消費者金融系)
シー・アイ・シー(クレジットカード系)





事故情報等の登録機関については各個人信用情報機関毎につぎのように案内がされていますが、概ね延滞情報は延滞解消後5年間、破産等債務整理は5年から10年となっています。

○全国銀行個人信用情報センター

○日本信用情報機構

○シーアーシー





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%