信用保証協会が連帯保証人に請求する根拠

投稿日:

ホーム信用保証協会と連帯保証人>信用保証協会が連帯保証人に請求する根拠

◆質問
ある中小企業の銀行融資の連帯保証人になっていました。
その後、その中小企業が倒産していまい、現在私は銀行と信用保証協会から返済の請求を受けています。
銀行に私が連帯保証人として返済することは理解出来ています。
ただ信用保証協会へ私がなぜ返済をしなければならないのでしょうか?
私は中小企業が銀行融資を受けるにあたり連帯保証人になったのです。
信用保証協会は私と同じ保証人の立場だと思います。
その信用保証協会からなぜ私に返済の請求をしてくるのでしょうか?
理解が出来ません。

◆回答
信用保証協会は中小企業が銀行融資を受けるに当たり、保証人となることで銀行融資を受けやすくする役割を果たしています。
そして将来、債務者である中小企業が銀行融資の返済不能に陥った場合、信用保証協会は銀行からの請求により、債務者に代わって銀行に代位弁済を行います。

信用保証協会は銀行に代位弁済した後、債務者に返済を請求することになりますが、そもそも銀行に返済が出来なくなったわけですから、簡単に債務者から返済が受けられるということはまずありません。
これでは信用保証協会は銀行に返済はしたものの、自らの債権は事実上回収出来ないことになります。
それに備えるため、信用保証協会自身も連帯保証人を徴求しているのです。
つまり連帯保証人は銀行に対して連帯保証を行っているとともに、信用保証協会に対しても連帯保証を負っているのです。

具体的には信用保証協会による保証を利用するに当たり、債務者は信用保証協会との間で「信用保証委託契約」を締結しますが、その契約書には連帯保証人欄があります。
そこに連帯保証人が署名と捺印をすることによって、信用保証委託契約が成立するのです。
信用保証協会が銀行に代位弁済後、連帯保証人に返済請求を行うのは、この信用保証委託契約の連帯保証に基づいています。



-信用保証協会と連帯保証人
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.