資本金の大小は銀行融資審査に関係ありません



ホーム銀行融資全般に関するQ&A>資本金の大小は銀行融資審査に関係ありません

時々お客さんより「資本金を大きくした方が融資が受けやすいですか?」といった質問を受けますが、結論は資本金の大小と融資審査とは関係ありません。
つまり資本金が大きいから融資がしやすい、その逆で資本金が小さいから融資がしにくいといったことはありません。

理由は資本金の大小はその会社の実力とは直接関係ないからです。
銀行融資の審査の基本は融資先の返済能力があるかないかです。
資本金が大きいからといって返済能力が高いとは言えません。
逆に資本金が小さいからといって返済能力が低いとは言えません。
資本金が1億円、10億円の会社であっても、赤字であれば返済能力はないと銀行は考えます。
資本金が100万円であってもきちんと利益をあげていれば、返済能力はあると銀行は考えます。

ただ銀行員から資本金を増やす、つまり増資してもらえれば融資が検討出来るとお願いする場合がありますが、これは債務超過と関係があります。
銀行融資の審査基準は多岐にわたっていますが、債務超過か否かといった形式的な基準がある場合があります。
仮に債務超過の場合、この形式的基準にひっかかり審査が前に進まない場合、資本金を増やす、つまり増資することによって債務超過を解消してくれれば審査を進める土俵に乗る場合があるのです。
しかしこれは本質的ではありません。
あくまでも形式的なことです。
稀なケースと考えてください。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。