親権者が作った借金を子が負担しなければならないことはありますか?

ホーム夫婦・親族の借金に関すること>親権者が作った借金を子が負担しなければならないことはありますか?

例え親子であっても子が親権者の借金の保証人になっていない限り、負担する義務はありません。
あくまで借金を負担しなければならないのは親権者です。
子は関係ありません。





しかし親権者が借金を残したまま亡くなった場合には相続というものが発生します。
借金も相続の対象となりますから、借金を残したまま親権者が亡くなった場合には子は親権者の借金を相続し、以降は子が負担しなければならないというのが原則です。
ただ親権者が残した借金が多額で、資産よりも多い場合、いくら相続だからといっても子にとっては過酷な面があります。
このような場合、子には相続放棄という選択肢があります。
文字通り、相続を放棄するのです。
つまり資産も借金も相続しないということです。

親権者が亡くなってから3か月以内に相続放棄の手続きを行えば、子は借金を負担する義務はなくなります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%