本人が他界した場合の借金の返済責任はその子供ですか?

ホーム夫婦・親族の借金に関すること>本人が他界した場合の借金の返済責任はその子供ですか?

本人が借金を残したまま他界した場合、借金はその子供など相続人に相続されるのが原則です。
また保証人がいる場合には保証人にも当然返済責任があります。





子供などの相続人には相続放棄により借金の返済責任から免れる方法があります。
相続は資産も負債も双方が対象です。
資産よりも借金などの負債の方が大きい場合、相続人は資産も相続しないと同時に負債も相続しない相続放棄が民法で認められています。

なお相続放棄は死亡したことを知った時より3か月以内に家庭裁判所に申し立てをする必要があります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%