信用保証協会と日本政策金融公庫の違い

ホーム信用保証協会保証付融資Q&A>信用保証協会と日本政策金融公庫の違い

信用保証協会と日本政策金融公庫を同じだと勘違いされている方が意外にいらっしゃいますので、ここで整理しておきます。

まず信用保証協会は直接融資は行いません。
信用保証協会は簡単に言えば保証人になってくる公的機関であり、中小企業や個人事業主が銀行融資を受ける際、融資が受けやすくなるように公的機関である信用保証協会が保証人になってくれるのです。
融資はあくまで銀行から受けることになります。





これに対して日本政策金融公庫は政府系金融機関であり、公庫自身が直接融資を実施します。
中小企業や個人事業主向けの事業資金融資のほかに、一般個人が受ける教育ローンが代表的なものです。

信用保証協会も日本政策金融機関もどちらも公的機関であるところは共通ですが、直接融資を行うか否かの違いがあります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%