借金が返済期限までに払えない場合、子供に返済義務はありますか?

ホーム夫婦・親族の借金に関すること>借金が返済期限までに払えない場合、子供に返済義務はありますか?

子供が連帯保証人でない限り、親が借金を返済期限までに支払えないとしてもその子供に返済義務はありません。
債権者が連帯保証人でもない子供に返済を求めること自体、違法行為です。





しかし100%、子供に返済義務がないとは言い切れません。
それは相続です。
相続は資産とともに負債も対象となります。
したがって借金を残したまま、将来親が亡くなった場合、その借金は子供等に相続されることになります。
もっとも相続人には相続にあたりそのまま相続を受けるか、あるいは相続を放棄するかといった選択をすることが出来ます。
したがって資産よりも借金などの負債の方がはるかに多い場合には、相続放棄を選択することで子供は借金の返済義務から免れることが出来ます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%