借金をしている本人が亡くなったら一括返済しなければならいのか?


ホーム夫婦・親族の借金に関すること>借金をしている本人が亡くなったら一括返済しなければならいのか?

借金をされている方が亡くなった場合、残った借金は死亡と同時に相続人に引き継がれるのが民法で規定されていることです。
ご本人の死亡とともに借金がなくなるということはありません。
また残った借金を亡くなった時点で全額返済しなければならないということも基本的にはありません。

銀行の実務上での取り扱いは、相続人さんに債務をつまり借金を引き継いでいただく手続きをお願いすることになります。
これを銀行用語では「債務引受」と呼んでいます。
引き継いでいただいた後にどのように返済していただくかは、亡くなったご本人の返済条件を基本にしながら、引き継いでいただく方の返済能力などを勘案して個別に相談することになります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト