借金をしている本人が亡くなったら一括返済しなければならいのか?

投稿日:

ホーム夫婦・親族の借金に関すること>借金をしている本人が亡くなったら一括返済しなければならいのか?

借金をされている方が亡くなった場合、残った借金は死亡と同時に相続人に引き継がれるのが民法で規定されていることです。
ご本人の死亡とともに借金がなくなるということはありません。
また残った借金を亡くなった時点で全額返済しなければならないということも基本的にはありません。

銀行の実務上での取り扱いは、相続人さんに債務をつまり借金を引き継いでいただく手続きをお願いすることになります。
これを銀行用語では「債務引受」と呼んでいます。
引き継いでいただいた後にどのように返済していただくかは、亡くなったご本人の返済条件を基本にしながら、引き継いでいただく方の返済能力などを勘案して個別に相談することになります。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-夫婦・親族に関すること
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.