消費者金融借金の返済について

ホーム消費者金融>消費者金融借金の返済について

消費者金融からの借金の返済を悩んでいる方は少なくありません。
家族に内緒で借金をしている人もいらっしゃると思います。
消費者金融からの借金の返済をまともに考え、家族にも打ち明けし、中には実家による支援も受けられる方もいらっしゃいます。

銀行実務を通じて感じるのは、消費者金融から借金を行った人は一旦完済をしても、再び借金を作ってしまうケースです。
この手のケースで多いのは完済にあたり実家の支援を受けたなど、あまりご自身では返済に苦労をしなかった場合が多いと思います。
したがって二度と消費者金融から借金をしないと決意されている方は、まずはご自身の力にて返済をされることをおすすめします。
利息がもったいないと感じるかもしれませんが、将来再び同じことを繰り返すのであれば、決して高い勉強料とは言えません。

さて消費者金融からの借金を自力で返済するには大きく2つの方法があると思います。
1つは消費者金融からの借金をそのまま収入にてコツコツと返済する道です。
この方法は現在の返済額が比較的少額であり、収入の範囲内で、つまり返済のために新たな借金などする必要がなく返済出来る場合となります。
そして消費者金融など無担保借金の総額が年間収入のおおむね3割以下であれば、生活費を著しく切り詰めるなどしなくても、ある意味「無理なく」返済が可能となります。
この無担保借金総額が年収の3割以内というのは、多くの銀行の無担保カードローンの審査基準にもなっています。
無理なく返済出来る水準ということで銀行も認めている基準と言えます。





無担保借金総額が年収の3割を超えている場合には、生活費の切り詰めなどの必要性が多くの場合、発生します。
毎月の収入から生活費などの支出を差し引き、残った資金が借金の毎月の返済額を超えていれば、新たな借金をすることなく収入の範囲内での返済が可能と言えます。

2つめは他の金融機関で消費者金融からの借金を借り換える方法です。
複数の消費者金融から借金がある場合に効果のあがる方法です。
複数の消費者金融から借金がある場合には、毎月の返済額が多額となりがちです。
そのままでは収入の範囲内では返済が不可能なことも少なくないはずです。
このような場合には、他の金融機関にて借り換えをし借金をまとめて返済額を減らす工夫が必要となります。

消費者金融からの借金を借り換えできる商品は銀行などいくつかの金融機関で取り扱いがされています。
いわゆる「おまとめローン」と呼ばれるものです。
信頼できるおまとめローンを利用して複数の消費者金融からの借金を一口にすることで、毎月の返済額を大幅に減らし、収入の範囲内での返済が可能となるケースがあります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%